バグ?

2016年11月30日 (水)

【バグ】レイヤーをモザイク化した時の意図しない黒いブロックの出現

v12.2にて検証。

レイヤー設定でモザイク(ピクセル化)設定をした場合に境界がぼけている等の
半透明の場合に意図しない黒っぽいブロックが表示されてしまう現象。

下の様な状態。左がピクセル化されているもの。右はしていない物。

49

レンダリングすると黒いブロックが表示される。

必ず右側と下に現れる為、おそらくぼかしとピクセル処理で何かしら不整合が
起こっていると思われる。(´・ω・`)

拡大した所。

50

51_2

とりあえず特定用途の俺とかに致命的なんで
公式フォーラムに改善要望出しておこう(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

マスク使用時の描画バグ ①

記事描いてる時点でのASPバージョン 11.1

たぶん他にもあるのでシリーズ化しておこう。(´・ω・`)

作業時の画面とレンダリング結果が違うってのがよくありまして、
シェイプエフェクトとかはGPU支援をONにすると作業画面にも反映されるんですが
マスクが絡むとレンダリングしたら全然違う結果になってたって事がよくありまして。
例えばコレ。

Ws000010

グループレイヤーの中に入っているレイヤーが3枚あって
1は青丸、2は赤い四角でそれぞれマスク範囲に指定。線画部分は除外される設定。
レイヤー3の緑の三角と黄色い線はマスクが適用される状態。

これをレンダリングすると

Frame_0

こうなります。図形が重なっている部分の線画は除外設定から外されている。
つまりレイヤーが分かれてても外形線しか除外されないという事に。

んで実際に起こる弊害がコレ。

部分アップなので判りにくいですが太ももと脚でひざを曲げた際の折り目部分の皺は
線を除外する設定ではっきり出てほしいのに影レイヤーの色で塗りつぶされてる状態。

まぁ太ももと脚の影レイヤーを分ければいいんだけど(´・ω・`)あとはまぁ影レイヤーを乗算とかで乗っけるとか。

以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

ボーンをロックするとタイムラインの操作が極端に落ちる件

記事描いてる時点でのバージョンASP11.1

初めに結論。ボーンロックは使っちゃダメ。

数年前から認識していた現象でして、作業時にタイムラインにキーフレームを打っている時に著しくパフォーマンスが落ちる事がありまして、古くは1年以上前、バージョン9あたりで発生していて、丁度ターゲットボーンだとかその辺が拡張された頃だったので単にソフトの動作が重くなったのか、自分のボーンの組み方が悪いのかと思っておりました。

ちなみにその頃に作ったアニメ。(ニコニコに飛びます。)

Photo

あまりにも操作が重いので想定していた長さより大幅に短い作品にした覚えがあります。

症状としては
・タイムラインの時間移動操作
・キーフレームのコピーペースト
・キーフレームに右クリックでサイクルや補完を設定および反映

上記症状がほぼ確実にその操作で発生、またタイムライン移動についても不定期に
数十秒フリーズが発生しておりました。

この状態になるとキーフレーム作成の作業にならずアニメーション作成自体を断念する程、ASPが使い物にならなくなります。(ひどいと数十秒「応答なし」に。

んで、今回また別作品を作成時に発生したので意を決して問題発生の原因を特定する事にした訳です。
マジ使い物にならないのでそりゃもうASP使うの止めろうかどうしようかと考えるほどに。(´・ω・`)

んで、今回作ってた奴の画像がコレ。

0001

表示は構造を見せる為ワイヤーフレームにしてます。(ごちゃごちゃですが。)全部ベクター。レイヤーはまぁ、部位毎にたくさん。スマボアクションもそれなり。スタイルはほぼ全域にわたって地色と影色がありそれぞれ20~30ずつぐらいの物。まぁちょっと凝った物作ろうとするとだいたいこれぐらいにはなる。

当然ボーンコンストレイツとかボーンターゲットとか色々仕組んでるのでその辺が原因かなと思っておりました。

なのでその辺りを一個ずつ解除していったのですが状況改善されず。
そもそも発生していない時は全然普通に動きます。

そういや作画段階やボーンを組み込んだ時、いわゆるセットアップを行うフレームゼロ地点では一切発生しません。タイムラインがらみのみ。なんコレ?(´・ω・`)

まだ外せる奴無いか?(´・ω・`) って思ってよーく見てみるとふと気づいた事が。セットアップ以降、タイムライン組み立ててる時にだけ行ってる操作がありました。タイトルにも書いてますがボーンロックです。特定の位置にボーンを固定する設定。

実装された経緯は確かキャラクターの脚先とかのボーンを接地した際に固定して地面を滑る様な動きを防止する為だったと思う。(記憶あいまい)

これを設定すると途端にキーフレーム関連の操作が重くなりました。これだけボーン設定の中でもメニュー内では無く、大きさや回転等と同じオプションメニューからチェックボックスで設定出来るようになっていてキーフレーム上で必要になったらチェックをONにして手軽に使える様になってます。

今回の奴だと腕先と足先にそれぞれ一個ずつ。計4個もロックがあり、四肢の先端を固定する感じに組んでいて中央のボーンを動かすと接地してる四肢と動く下半身を再現しようとしておりました。 全部のロックを外すと軽い軽い。

一個ぐらいならまぁ耐えられない事もない程度だけど2個以上から作業に支障がでる規模のフリーズが不規則に発生します。それが4個も・・・

思えば前出の艦これ駆逐艦動画も一体ずつ両手にボーンロックをかけていたなぁ・・・(´・ω・`)あれが原因か・・・

尚、ボーンロックを複数にかけるとIKの補完が上手くいかないのか関節ががっくんがっくん
になったりするのでそもそもが多用厳禁でおすすめしません。
ボーン関連の便利機能でも突出して最初の方に実装されたのでもしかしたら処理が違うのかも。

んで、代替方法なんですが、特定のボーンターゲットに指定してそのターゲットボーンを利用する事でほぼ同様の機能を実現できます。こっちの方が補完も綺麗なのでおすすめです。

わかってしまえば簡単な事なんですがわからないと休みがつぶれます。30分もかからないキーフレーム打ちに2、3時間とか・・・(´・ω・`)とほほ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)